おすすめの観光スポットをご紹介!リピーター続出の人気観光地とは!?

- スカイマークを利用するデメリットとは

スカイマークを利用するデメリットとは

格安航空券をと検討されている方の中にはLCC航空会社をという場合もあるでしょう。
スカイマークは代表的なLCC航空会社であり、その知名度から信頼度も高いかと思います。
魅力も多いスカイマークですが、ここでは満足利用を目指すためにもデメリットという部分について改めて考えてみましょう。

経路数についてのデメリット

まずは経路数について触れていきましょう。
スカイマークは、大手航空会社と比較をするとどうしても経路数が少ないということがいえます。
これをデメリットと考える方もいらっしゃるでしょう。
しかしながら、LCC航空会社の中では経路数は多いほうであり、利便性というところはあるていど持っているともいう事ができます。

もし、希望の経路があれば格安航空券を購入していただける方法として取り入れていただけるでしょう。

サービスについて考える

サービス面で充実しているとはいいがたいともいえるでしょう。
シンプルなサービスをという場合には満足度も高いかと思いますが、細かな部分にまでという場合にはデメリットと感じてしまうかもしれません。

座席も比較的に広く、個人利用可能なコンセントも1座席ごとに用意されているなどという充実度はあるものの、大手航空会社と比較をするとどうしても劣ってしまうという事が言わざるを得ません。
ただし、その分価格帯が安くなっていますので、最低限のサービスで良い・サービスは求めていないという方であれば、格安航空券の購入スタイルとして十分に利用価値があるかと思います。

搭乗口の問題について

大きめのバス
こちらはLCC航空会社全体に言えることなのですが、仮に羽田からスカイマークに搭乗していただく際にはバスで移動となります。
こうした、空港内における距離がある程度必要だということをデメリットに感じる方もいらっしゃるでしょう。

お子様連れの方などにおいてはよりでめりとに感じてしまう部分もあるかもしれませんが、スカイマークではバスに乗っていただく際には最初に案内してもらえるなどというサービスも実施していますので「快適さの程度」を理解しておくのも良いかもしれません。

デメリットを知ってさらに活用をしよう

メリットばかりではなく、デメリットについて知っておくことは大切なことです。
双方を知ったうえで、検討をして利用することこそが満足度の高い利用ができるといえるでしょう。
また、価格の安さかサービスなどの質かという点について状況ごとに選んでいくというのも良い方法です。

関連記事: